弁理士(弁護士資格を持っていると、弁理士になる資格も有することができます)になる方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)はいくつかありますが、最も一般的なのが毎年一回おこなわれる弁理士の国家試験に合格することです。弁理士(この資格を取得すると、登録するだけで行政書士にもなれます)試験は、5月に1次試験の短答式筆記試験(作文や小論文などが出題されるとわかっている場合には、テーマに沿って一定の字?で文章を書く練習などをしておいた方がいいでしょう)、7月に2次試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の論文式筆記試験、10月に3次試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)の口述式試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)と六ヶ月にわたる試験があります。短答式に合格した人が論文式を、論文式に合格した人が口述式をうけることが出来るでしょう。1次試験、2次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)、3次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)のそれぞれの試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)問題は、以下のようになります。 ・短答式筆記試験(答案用紙に筆記具で記入する形式の試験のことです)では、工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標)に関する法令、工業所有権についての条約、著作権法、不正競争防止法が出題される。5択のマークシート方式。 ・論文式筆記試験(作文や小論文などが出題されるとわかっている場合には、テーマに沿って一定の字?で文章を書く練習などをしておいた方がいいでしょう)では、特許・実用新案に関する法令、意匠に関する法令、商標についての法令と選択科目(理工T・U・V・W・X、法律)。 ・口述式では、特許・実用新案についての法令、意匠に関する法令、商標に関する法令が出題される。面接方式で各科目約10分度。 難関といわれている弁理士(毎年7月1日は弁理士の日なんだとか)資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)の2011年度の3次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)までの合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)は9.一パーセントでした。実に狭き門だと言われています。一年で最終合格を目指すのも当然ですがいいかと言って、最終合格までの平均年数は5年であると言われています。2年間で合格するように目標に、計画を立ててみると良いですね。最初の一年では、必要不可欠科目の工業所有権(特許、実用新案、意匠、商標など)に関する基礎を徹底して勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)。二年目は、選択科目の勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)と論文の書き方、そして、応用力をつけていきます。なお、短答式筆記試験(作文や小論文などが出題されるとわかっている場合には、テーマに沿って一定の字?で文章を書く練習などをしておいた方がいいでしょう)と論文式筆記試験の必要不可欠科目は合格すると2年間試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)が免除され、論文筆記試験(作文や小論文などが出題されるとわかっている場合には、テーマに沿って一定の字?で文章を書く練習などをしておいた方がいいでしょう)の選択科目は合格すると永続的に免除されますー